海外でのキャッシング事情ってどうなの?

国内でのキャッシング事情は2010年に賃金業法といって年収の1/3までしか借りれなくした制度が施工されることで、
消費者金融でのお金を借りることでの破産する個人を減らすべくできた法律。

 

これによりちまたで蔓延っていたヤミ金などが激減し、キャッシング対して健全化が進みました。
日本ではこういった法の整備ができあがり、個人を守るといったことが普通になっています。

 

では海外のキャッシング事業はどういったものなのかに対してについて紹介します。

 

海外旅行などいったことある人ややっと海外旅行しようと思っている方は本当に読んでおいて下さい。
海外のキャッシング事情にあたって豆知識として海外もお金をキャッシングすることもあるだから、
知っておいて損はないでしょう。

 

海外旅行で外せないのがアメリカですよね。資本主義で日本もののアメリカは外せないでしょう。
海外のキャッシング事情の中でアメリカは日本よりも進んだはからずも、親方的な存在ですから、
お金を借りている状況は日本と同じように銀行や消費者金融、銀行などの金融機関でお金を借入れするようになっているのは同じです。

 

しかも日本よりも上限金利が高いということを覚えておくといったよいでしょう。

 

しかも、この上限金利はアメリカという一国で定められているのではなく、
アメリカは州ごとに定められています。
金利が良いほど、信用力のある人への貸付ができるという安心感があるようです。

 

日本ではあんな考えはないです。クレジットカードのキャッシングについても日本で使うように海外のATMでキャッシングによることができます。

 

まずは欧州では初めてというのを見ていくと、クレジットカード社会が高度に発達していることもあり、
花の都と言われるフランスではカードだけできっと何も買うことができます。

 

その他の地方都市も至る所にATMがある為、お金を借りることに心配はないでしょう。

 

次にオセアニアでは願わくはというと、オーストラリアやニュージーランドもクレジットカードさえあれば、
銀行はもちろん、ホテルやショッピングモールなどに設置しているATMでキャッシングすることができます。

 

では我々アジア圏内ではどうなのかを見ていきます。

 

日本という密接な関係のある隣の韓国などは観光客も多い為、
日本語の表示でコンビニなどのATMで24時間クレジットカードがあればお金を引き出すことができます。
中国も都市部であればクレジットカードさえあれば、24時間現金を借りることができます。

 

特筆すべきはシンガポールで、日本よりもATM台数が多いのでどこもお金を借りれるといった状況ですので、
わざと現金を持っていかなくても現地で調達することができます。

 

タイ・バンコクやタイ・プーケットにおいても世界的に有名ですので、日本人の観光客も数多くそれほどキャッシングがしやすい環境です。

 

フィリピンではマニラの都市銀行であればATMでキャッシングすることができます。

 

如何でしたか、クレジットカード社会は以外にもアジアもかなり進んでいることをお分かり頂けましたでしょうか。
では何とか海外旅行を検討している方は、海外旅行ライフを楽しんで下さい。