ドルと円の関係性

ドルと円の関係性

為替レートの選定理論の一つに、経常結果の黒字が大きいほど、
その各国は通貨高に至るという「インターナショナル結果体系」という理論があります。

 

経常結果とは、インターナショナル結果(とある国のコストの流入・漏えい額面)という当事者の、
「貿易・特権結果」「所得結果」「経常動き結果」の3つを額面したものです。

 

 

インターナショナル結果の要項

 

最初の貿易・特権結果とは、貿易や他国旅行などの金寸法を生み出すもので、
輸出が輸入より多ければ貿易黒字、そのあべこべが貿易損害となります。

 

貿易黒字は、外国にグッズを売ってその給与として金を感じ取るので、
日本にいらっしゃるお金が重なる→円高触発となります。

 

ご同意のように、日本は大幅貿易黒字各国だ。

 

一方で特権結果は、日本では他国旅行へ出向く他人が、来日する外人ツーリストよりも多いので、
損害が続いています。
しかしトータルの「貿易・特権結果」は、日本は黒字が続いています。

 

 

次の所得結果とは、日本組合が他国(フィールド株式会社)で稼いだ金額が多目、
逆に外資が日本で稼いだ金額を損して計したものです。

 

ほぼ言えるかもしれませんが、実は日本は貿易・特権結果よりも、所得結果のほうが黒字エリアは広いのです。
2001〜10時代の合計で、貿易結果は+94兆円ですが、所得結果は+115兆円もあります。

 

三つ目の経常動き結果は、ODAなど他国への資金手伝いや、
国連やIMFなどインターナショナル機構への寄付費用など、また外人社員の自国への払い込みなどが含まれます。
作りから一目瞭然ですが、日本は経常動き結果は大幅損だ。

 

そしてこういう3つを額面したものが「経常結果」だ。

 

上記のように、日本では多目詳細も損詳細も存在しますが、総数すれば経常結果は大幅黒字だ。
と言うより、日本の経常結果の黒字は、年々世界でも1.2を抗う金額だ。

 

ゆえに経常結果の箇所からは、日本では始終円高触発がかかり続けているといえます。

 


経常結果より為替賭け(円キャリー指揮)の効力のほうが手強い

 

このように、インターナショナル結果体系は、まさに2各国頃の富の寸法=実需を見た理論ということになります。
経常収支が黒字というのは、その各国がインターナショナルレースで「儲かっている」階級な訳ですから、
極論すれば、その国の国力が盛況したか否かによって、為替レートがまとまると言い換えられる理論でもあります。

 

為替レートは国力に盛況やるというのは、高度改善期の日本や、近年の中国のように、
一際実感し易い理論でしょう。
20世紀後半のインターナショナル環境では、経常収支が黒字か損害かと、
為替レートの脈絡は、なかなかダイレクトであったといえます。

 

経常結果とドル円レートの脈絡しかし現在では、為替レートは一つの材料だけでまとまるものでは無くなっています。
経常結果のように実需による金寸法だけでなく、各国の財政スタンス等々をエッセンスとした賭けによって
為替レートが激しく左右される時代になりました。

 

日本では、2001時代を下に経常結果の黒字エリアが拡大していき、2007時代には過去最高を記録しました。
しかし為替レートは、2005時代最初に1ドル=100円テーブル初期だったのが、
2007時代には120円を突破する円安へ進んでいます。

 

逆に2008・2009時代は、経常結果は大幅に減少していますが、為替レートは圧倒的円高に進んでいます。
右側のイラストでいうと、インターナショナル結果体系に習えば、黒棒と赤線は「逆相関」になる筈なのが、
2005時代程から正規の相関になっていることが分かります。

 

こういう背景にあるのは、為替世界の圧倒的伸展だ。

 

天下一低金利な日本円で資金調達し、高金利な外貨を買って金利差を取る「円キャリー指揮」などはその典型だ。2000時代以降は、日本でもFX(外為証拠金取引)が、一般のお客様にも急激に普及しました。

 

FXではレバレッジ〜持ち金の総計十ダブルの業務が可能なので、お客様といえども、
実際の為替時価に影響を及ぼすまでになりました。

 

前出のように、貿易黒字が10時代合計で100兆円足らずという規模なのに対し、
ドル円の為替売買は1日に約5千億ドル(40兆円)にもなるのです。

 

経常結果の増減は「買い取り思い平価」のような空想ではなく、実需を伴った品なので、
確実に為替時価に影響を及ぼします。

 

しかし近年は、FXなど為替世界への流入資金が爆発的に増えてあり、
連中が様々な欲によって「賭け」を行う事のほうが、グングン為替レートへの衝撃が強くなっているのが現状です。