消費者金融の審査

消費者金融の審査について

消費者金融の審査と言えば、銀行でお金を借りる時の審査よりも手軽にお金を借りれるイメージがありますよね
消費者金融にあたるのが、ノンバンク系のアコム、プロミス、アイフルなどです。

消費者金融の審査基準について

消費者金融の審査には誰でも通るかと言うとそうではないです。

 

本当に貸しても大丈夫なのか?返済してもらえるかということが重要です。
後々、経済的に余裕が生まれ返済に困らない信用できる人物かどうか調べます。

 

その判断をする為に消費者金融の審査で申し込み者の信用度を知るのに
個人信用情報機関に本当に貸しても大丈夫な人物かどうか?の信用情報を照会します。

 

他社での借入件数と借入金額、ローンやクレジットカードでの遅延がないか?
債務整理などをしていないか?など過去を遡って全ての情報を知られます。

 

所謂、ブラックでないかを調べ信用足りえる人物かどうかの判断をします。
消費者金融の審査で重要なのが、雇用形態が正社員の場合は勤続年数が長く
安定した収入が毎月あれば問題ありません。

 

しかも、借入が始めての人は審査に落ちることはまずないです。
(過去にクレジットカードでの支払い遅延などがある場合は落ちることもあります。)

 

パートやアルバイトでも勤続年数が長く、安定した収入があれば
消費者金融の審査には十分通る可能性はあります。

 

また住居が持ち家で住宅ローンもなく、居住年数が長い場合には問題ないでしょう。
賃貸でも居住年数が長い場合の方が審査に通りやすくなります。

 

また独身で消費者金融の審査を受ける場合にお金はあるが信用できるかの判断で言えば、
結婚している人よりも信用度が落ちます。

 

これは独りゆえに逃げることもできると思われるためで、結婚して妻子もちの場合、
社会的に責任感があると思われるが、住宅ローンなど子供の養育費などで出費が多く
自分で自由にできるお金が少ない為で、どちらが良いか悪いかというのは一概には言えません。

 

消費者金融の審査は、総合的に勤務先の情報(正社員、派遣社員、アルバイト)、
持ち家か賃貸か居住年数、住宅ローンの負担が大きくないかなどの判断から返済可能か
を見極めて借り手の返済能力及び信用を確認するのが目的に行われます。