お金借りたい

お金借りたい時にどうすればいいの?

お金借りたい時の対処法(即日融資って可能?)

 

お金を借りないとマズイ状況なんです

 

緊急でお金が必要なのに手持ちのお金がなく、しかも給料日はもう少し先になるとなったら
やっぱり即日でお金を借りたいですよね

 

色々な事情がありますが、
たいがいお金を借りないことには先に進むことは出来ない状況なんですよね

 

食事などの生活費は切り詰められるとしても、ないお金を増やすことはできません
そんなときはお金を借りるしか方法はありません

 

お金を借りたい場合、相手としておすすめしたいのは金融機関でのキャッシングです

 

知り合いから借りるよりもトラブルは起こりにくいですし、きちんと返していけば利子も払えないほどにはなりません

 

いつ急にお金が必要になるかはわかりませんので、困ったときのために前もって一枚カードを持っておくと安心ですよ

 

消費者金融系だけじゃなく銀行系のカードローンもあります

 

担保や保証人などは必要ないので家族や友人に迷惑をかけることもありませんし
お金の使い道が何かを話す必要もありません

 

お金借りたい初めての人でもサポートセンターがついているところもありますので
安心して即日で借りることができますよ

 

お金を借りたい瞬間は誰でもあります

お金を借りたいと思う瞬間って何度もありますよね?
だれでも急にお金が必要になる時はありますし、そんな時に限って手元にお金がないときは良くあります

 

お金をどうしても都合しなければならない時は、やっぱりお金を借りるしかありません

 

どこでお金を借りるのが1番いいんだろう?

 

お金を借りたい場合、金融機関が一番早く即日でお金を借りれる方法ですが
金融機関は何を見て選べば良いと思いますか?

 

もちろん利子が少なければ嬉しいです

 

返済するときにかかってくる利子が高いと苦労してしまいますので、
少しでも利子が安いところをみんな探します

 

しかし金利が安いだけで金融機関を選んではいけません

 

後から何らかのトラブルに巻き込まれてしまっては大変ですので
金融機関を選ぶときは安心して借りれる大手の会社にすることをおすすめします

 

大手ですとトラブルが起きることは少ないですし、安心してお金借りたい時に即日も可能です
借りるときはホームページのフォームから申しこめば店舗に行く必要もないですから楽ですよ

 

ほとんどの人が1度や2度はお金借りたいと思った事はありますので
恥ずかしがらずにカードローンを申し込んでみましょう!
選ぶ際は即日対応で安心安全なところがいいですね

お金を借りたいとき相談するなら

お金を借りたいときはどこに相談に行きますか?

 

普段はお金に不都合がしない生活を続けていたとしても、急に必要になる時があり
すぐに払わなければならないこともあります

 

友人などからお金を借りたいとは思わないので、なにか違う方法で後腐れなく借りたいものですね

 

そんなお金借りたいときに頼りにして欲しいのがカードローンです

 

お金がない時は金融機関にお願いする

 

消費者金融、または銀行系のキャッシングは、手続きが早く進めばその日にでも即日でお金を貸してくれます
お金が借りたいとなったら、まずは自分の身分を証明できるものを用意してください

 

大きな金額の場合はそれだけではだめですが、それほど高い金額でなければ

 

身分証明さえちゃんとしていて、仕事もしていることがわかればいいのです

 

もちろんお金を借りたい場合には審査を受けて通ることが必要です

 

そのためにも身分証明を用意して、正確に申し込みフォームに必要事項を記入し
早めに審査を受けてください

 

平日の14時ぐらいまでに審査に通れば、即日でお金を借りたい時も可能な金融機関が多いですよ

 

お金借りたい人で、即日に融資を受けたいなら

お金借りたい、即日に現金がほしい場合、どの金融業者を選べば良いのでしょうか?
審査が即日で終わったとしても、その日に現金が手に入らない場合もあるので気をつけなければいけません。

 

まず、お金借りたい即日に現金が必要な方におすすめなのが、大手消費者金融です。
CMなどで有名な金融業者の多くが今は即日融資に対応しています。
例えば、

・プロミス
・モビット
・アイフル

などが大手消費者金融になります。

 

即日に融資が受けれるというのはかなりのメリットですが、
注意するポイントとしては、インターネットでの申し込みが基本となっている点と、
手続き完了の時間が決まっている点です。
当たり前ですが、郵送の申し込みにしてしまうと書類のやり取りだけで時間がかかってしまいます。
またお金借りたいと思った時間が夕方以降の場合、即日というのは難しくなってしまいます。
お金借りたい 即日

 

ネットで申し込みならば、最短で1時間で融資を受けれる金融業者もあるので、
即日に現金がほしいお金借りたい方にとっては大手消費者金融はとても相性が良いですね。

 

お金借りたい人で即日が良いならば、銀行系のカードローンではダメな場合が多いです。
申し込んだすぐその日に審査が終わる銀行も増えてきましたが、
そこから融資を受けるまでには時間がかかる銀行がほとんどです。
審査がいくら早く終わってもその日に現金を借りれないのであれば、
あまり意味がないですね。
これからは即日に融資を受けれる銀行系のカードローンも増えるかもしれませんが、
今のところは対応していないと思った方が良いです。

 

まとめると、お金借りたい個人の方で即日融資を希望しているなら
大手消費者金融に申し込むのがオススメということになります。

 

 

お金を借りたい総量規制と総量規制対象外

お金を借りたい時に知っておくべき事の1つとして
法律で消費者金融から借りたいなら総量規制というものがあります。

 

総量規制とは、お金が返済できないことにはならないように
年収の3分の1以上は借りられないというものです。

 

1社からでなく何社からもお金を借りている場合、合計して年収の3分の1以上になれば
お金を借りたくてもこれ以上お金を借りることはできません。

 

自分に収入がない専業主婦の場合は、総量規制に引っかかってしまいますので
自分ではお金を借りたい場合でも借りることができません。

 

銀行でお金を借りたい場合に

しかし、銀行からお金を借りたい場合は総量規制の対象にはなっていません。
ですから年収の3分の1以上であっても貸してもらえます。

 

銀行は銀行法に則って貸していますから、消費者金融の貸金業法にはあてはまらないのです。

 

銀行系のカードローンであれば総量規制の対象ではないため
高い金額を借りたいなら可能ですが、自分が返済できる金額はいくらかを考え
あまり多く借りないようにしましょう。

 

借りたい最低の限度額を借りて早めに返すことが一番です。

お金を借りたい際の注意点

お金を借りたい際の注意点について
お金借りるときの注意
毎日会社で働いていて給料をもらっている人も、ちょっと今月は凄いなというときがあると思います。
そんな時に消費者金融などを利用するといった、当面の資金不足を解消することができます。
但し、借りたお金は返さなければいけません。計画的な利用が必要になるのです。

 

・ 利率が高いことは知っておこう

 

お金借りたい消費者金融のカードローンは最高18%程度の金利で
有利だと言われる銀行系カードローンも12%から15%程度が現実的なラインではないでしょうか?

 

このように利率が大きいローンを借りっぱなしにしておけば、毎月の利息支払額がそこそこ多くなります。

 

10万円を年利15%で借りるって、1日の利息は40円程度です

 

1か月1,200円程度なので、大したことはないなと思われがちですが
1年間だと15,000円になります。

 

利率の高い借金を早めに返済する必要がある理由です

 

お金借りたいカードローンの中には、信用が良い人向けに即日融資と金利を落としているものもありますが、
いい気になって多額の利用をすると利息支払額が多くなることは言うまでありません。

 

・ 毎月繰り上げ返済をしよう

 

このように利息支払額が多くなる理由は、返済方法が分割払いになっているためだ

 

毎月の返済額は、多くても元本の5%程度、銀行系カードローンの中には2%から3%に関してもあります。
この程度の支払を続けていても、数少ない支払額の半分程度は利息に消えるため、元本返済は進みません。

 

元本が減らないから利息も減らないという、悪循環が繰り返されるわけですが、
こういう悪循環を断ち切る方法が繰り上げ返済になります

 

繰り上げ返済というと、余裕がある月にするものだと考えていらっしゃる方も多いでしょう。
ただし、毎月の返済額が少ない以上は毎月する必要があります。

 

金利が高いローンは1年程度で返済することが好ましいのですが、
返済計画を自分で立てて、毎月の約定返済額で減った元本と計画額の差額を繰り上げ返済していくんです

 

繰り上げ返済は消費者金融や銀行のATMでできるため、
お金借りたい時には定期的に実行したいものです。

 

 

・ 返済期間が長引くことはリスクになる

 

このように繰り上げ返済をしないと、返済期間が3年程度になってしまうことが多いです。

 

この間にさらにお金が足らない事態になると追加で借入が可能ですが、
金額が拡大するという毎月の返済額も大きくなります。

 

消費者金融でお金借りたい利用者で返済が滞る人の多くは、
このようにして返済額が知らないうちに多額になった人なのです。

 

また、勤めている会社から継続して給料をもらっていたとしても、
業績悪化による減給や失業もあり得ます。

 

借金をしていること自体、いざという際には大きなリスクになります。

 

早めに返済して、自分のリスクを減らすと共に、
もっとお金が足らなくなった際にすぐに対応できるようにしたいものですね

 

 

困った時にお金を借りたい人へ!即日OKで安心なのは↓

 

お金を借りたい主婦の方へ!

お金を借りたい主婦の方は1度目を通して損はありませんよ!

 

「正直、旦那の稼ぎだけじゃ生活費が足りない月がある」
というのは主婦の方たちではあるあるですよね

 

生活費が足りない女性
特に冠婚葬祭や急な付き合いや不意の支払いなど
思ってみなかったお金がかかった月はお金が足りなくなりがちです

 

そんな時でも両親や知人、友人から借りるのは難しいし
でも生活の為に「お金借りたい!」と思うのは主婦でなくても
誰でもあることです

 

では主婦でお金を借りたいと思った時に
貸してくれる金融機関はあるのでしょうか?

 

まず主婦の方がお金を借りたいと思ったときに最初のハードルとなるのは
収入の問題です

主婦がお金を借りたい画像

 

借りれば返すのは当たり前ですので、融資先は当然、
あなたの返済能力を見るわけです

 

パートやアルバイトなどで安定した収入があれば主婦の方でも
融資が可能ですが

 

専業主婦の方は難しいでしょう

 

 

一応、専業主婦の方でも、年収を配偶者と合算して考える
配偶者貸し付けというものがあります

 

もちろん配偶者の同意が必要になりますので内緒で借りたい、
バレずに借りたいなどは不可能になりますし、現在では配偶者貸し付けの審査はかなり厳しく
審査を通過して融資を受けるのはかなり難しいと言えます

 

なので専業主婦の方は、旦那さんに正直に話しをして
旦那さんに借りてもらうのがベストでしょう

 

パートやアルバイトなどで安定した収入がある主婦の方がお金を借りたい場合、
通常の審査を受けて通過すれば融資を受けることが可能です

 

主婦と総量規制画像

ただし、貸金業法で「総量規制」という決まりがあり
年収の三分の一以上は借りられないのです

 

銀行系のカードローンなら総量規制対象外になりますので3分の一以上でも
問題ありませんが、審査は厳しいので主婦の方でなくても融資は難しいかも知れません

 

主婦でお金を借りたいなら、おすすめは有名な消費者金融で審査を受けることです
年収の三分の一以下と大きな金額は借りられないかも知れませんが
審査に通る可能性は高いので、申し込んでみるといいですよ

 

 

 

お金借りたい学生の方が気をつけるポイントは?

お金借りたい学生の方のために注意点などをご案内!
生活費や、授業料、教科書代、さらにサークル費や飲み会代など
何かとお金がかかる学生生活。
仕送りやバイト代ではお金が足りなくなって、お金借りたい学生の方は参考にしてください。
お金借りたい学生
まず、学生だからカードローンなどでお金を借りれないのではないかと
不安になっている方もいると思いますが、いくつかの条件を満たせば大丈夫なので安心してください。

 

1つ目の条件ですが、
お金借りたい学生本人が、満20歳以上である必要があります。
同じ学生であっても、18歳or19歳の方は残念ながら借りることができません。
2つ目の条件ですが、
アルバイトをしているなど、学生本人に定期的な収入がある必要があります。
週に5日以上など、たくさん給料をもらっている必要はありませんが、
まったく収入がないとカードローンの審査を通過するのは難しいです。

主な条件はこの2つになります。

 

次にお金借りたい学生がどの金融業者に申し込んだらいいかですが、
カードローンには大きく分けて、銀行系カードローンと消費者金融があります。
銀行系カードローンはどちらかというと審査が厳しめで、融資までの時間も若干長めの傾向があります。学生にも厳しめです。
ですので、すぐお金借りたい学生の方であれば、CMなどで有名な大手消費者金融がオススメです。
100%ではないですが、大手消費者金融の方が、お金借りたい学生が利用できる確率が高いです。
お金借りたい学生

お金借りたいなら銀行系カードローンもオススメです。

お金借りたい時、銀行系カードローンを利用するのもオススメです。
冠婚葬祭や、突然の行事などで予想よりも現金が必要になることもありますよね。
そんなお金借りたい場合、銀行のカードローンを利用する方法もあります。
お金借りたい 銀行

 

上でも書きましたが、消費者金融でお金を借りる時は
年収の3分の1までと決まっていて、これがいわゆる総量規制となります。
しかし、銀行が提供しているカードローンは、銀行法で運営されているので、総量規制対象外となっています。

 

また銀行のカードローンでキャッシングする際の最大のメリットは、
金利が低いということです。消費者金融よりも平均的に安いです。
というのも消費者金融は銀行からお金を借りて、
その資金を今度はお金借りたい人に貸して運営しているので、
どうしても銀行でのキャッシングよりも金利が高くなってしまうのです。

 

逆にデメリットとしては、即日に融資をうけることが難しい点です。
すぐその日にお金借りたいなら銀行系カードローンはあまり向いていません。
以前に比べると審査が早く終わる銀行も増えてきましたが、
当日に審査が終わってもその日に融資を受けれるところはほとんどないです。

 

少し期間的には余裕があって、お金借りたい時には銀行のカードローンを考えてみるのもよいと思います。

お金借りたいなら個人よりもしっかりした金融業者!!

お金借りたい時、個人の金貸しから借りる人もいますが、
とても危険な可能性があるので、やめておいた方がよいです。
安全にお金借りたいなら個人でお金を貸している人よりも、
しっかりとした金融業者から借りるべきです。

 

お金借りたいと思って、ネットの掲示板などで探して個人から借りる人もいますが、
そこには金利などの決められたルールもありませんし、返済が遅れてしまった時など、
どのような扱いを受けるかわかりません。
もともと金融業者としての届け出など出していない個人がほとんどなので、
金利も向こうの決めたいように決めれますし、返済期間に関してもそうです。
法律で守られないような危険がことが起こる可能性があります。
お金借りたい個人
お金借りたいなら個人情報も渡すことになりますから、その情報がヤミ金業者の手に渡って、
危険な連絡がくるようになった人も多いです。
また、もしその個人の業者が違法なことをしていて、
警察に捕まった場合には自分にまで迷惑がかかってくることもあります。

 

気軽にお金借りたいと個人から借りるのだけは絶対に止めておきましょう。
未成年や学生の方は特に個人には注意しましょう。
掲示板には甘い言葉が並んでいるので、ネットで掲示板を見ないことが一番です。

 

お金借りたいなら個人よりも、消費者金融や、銀行系カードローンなど、
しっかりとした金融業者にしましょう。

 

 

 

 

 

他にもおすすめのサイトがあります↓
総量規制って?
スマホお金借りる
参考になれば嬉しいです^^